--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-23

便利な言葉

自慢じゃないのだが、洞口はカラテというものをしている。
かれこれ15年になるだろうか。
まぁ、割といい年数やっているわけだ。

なもんで、当然生徒に教える立場だったりする。
↑は余談なんで、今日は関係ない。

まぁ、今日話したいのはカラテで使っている便利の言葉についてだ。


ご存知の人もいるかもしれないが、カラテには「押忍(オス)」という言葉が存在する。
非常に便利な言葉で先輩・先生から話かけられても、この「押忍」の一言で全て片付いてしまう。

洞口は口下手なので、非常に重宝している。

そんな洞口が、洞口の先生にあたる人から電話がかかってきたシーンをこの後に再現したい。


――プルルルッ!(←表現古っ!?)

「押忍、洞口です」

先生からとわかっているので、電話を取る時点から「押忍」だ。
ちなみに他の人にはちゃんと「はい」や「もしもし」と出る。
洞口も一応社会人だから!


「押忍、押忍、押~忍、押忍押忍」(←電話の向こうに答えている)


「押忍押忍、押忍、押忍、」(←電話の向こうに答えている)


「押忍、押忍、押忍、押忍」(←電話の向こうに答えている)


「押忍、押忍、押忍、失礼します」(←会話終了)


どう?

超便利じゃね?

難点といえば、断る事が出来ないことかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なんと便利な言葉w
しかし本当にどこまで法螺でどこまで本当なのかがわからないのが面白いですw

来店感謝!
洞口的にも書きやすくて重宝してるよ。このコンセプトはw
また読みに来てくれ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。